スマホ乗り換え時のデータ移行

スマホ乗り換え時のデータ移行方法

スマホを乗り換えする時には、アドレス、写真・音楽等のデータ移行、LINE等のアプリの保存等の手続きが必要です。

 

アドレス等の移行は機種変更でも当然、生じる問題ですが、乗り換えとなると全くキャリアが変わってしまい、場合によってはマイクロSDカードやおサイフケータイが使えないといったこともあります。

 

スマホの乗り換えに関して必要な手続きは次の4点です。
データ移行の方法等について解説します。

 

  1. 電話帳の移行
  2. 写真・音楽等の移行
  3. LINEの保存
  4. おサイフケータイ
  5. Eメールアドレスの変更

 

データの移行をするにはまず、データのバックアップが必要となります。
バックアップの方法としては、次の3つの方法があります。

  1. SDカードを使う
  2. PCにデータを移す
  3. クラウドにデータをバックアップ

 

ここではDropbox等のクラウドにデータをバックアップすることを考えます。
スマホのデータをバックアップし、新しいスマホに復元するにはバックアップアプリを使用します。
おすすめは「JSバックアップアプリ」(無料)です。

 

そして汎用性が高いGmailをまず、取得しましょう。
Gmailアドレスを取得するにはGoogleアカウントの取得が必要です。

 

電話帳・写真・音楽等のデータは「JSバックアップアプリ」を使ってDropboxにバックアップします。
新しいスマホに各アプリをインストールし、復元します。
※「JSバックアップアプリ」、Dropbox、GmailアプリはいずれもGoogle Playストアからインストールできます。

 

1.電話帳の移行
「JSバックアップアプリ」+Dropboxでデータの移行はできるのですが、Gmailを使うとGmailの住所録とスマホ本体に保存されている電話帳のデータの連携が出来ていません。
スマホ本体の電話帳をコピーしGmailの住所録にインポートすると連携できます。

 

2.写真・音楽等の移行
件数が多いと時間がかかります。
私の場合、300件の写真に30分、150件の音楽ファイルのバックアップに30分かかりました。

 

3.LINEの保存
Facebookに登録しておくとLINEから連携ができます。

 

4.おサイフケータイ
Edy等のおサイフケータイについては機種変更においては、残高を一時、ネットに移し、機種変更後に受け取ることができます。
しかし、乗り換えによって新機種でおサイフケータイが使えない場合は、残金があれば使い切らないと無駄になってしまいます。
乗り換え後は処理ができないので、乗り換え前に使い切りましょう。

 

5.アプリの移行
アプリはGoogle Playストアのマイアプリに保存されているので、特に移行は必要ありません。

 

6.Eメールアドレスの変更
変更になったEメールを知人等に連絡しましょう。
キャリアのメールアドレスは買い替えの度に代わるので面倒です。
これを機にGmailをEメールとして使ってはいかがでしょうか?
PC、モバイルとも使えるので便利です。