スマホの乗り換えの時期

スマホ乗り換えの時期

スマホの乗り換えには費用が発生しますが、乗り換えの時期によって発生する費用もあります。
得する乗り換え時期とは?

 

スマホの料金プラン等を見直してもなおかつ他社の方が安いという場合にスマホの乗り換えを検討することになりますが、スマホの乗り換えに関し、次の費用が発生します。

 

@解約違約金
A転出費用(2,160円)
B事務手数料(3,240円)
C新しいスマホ本体の料金

 

通常、携帯会社の契約は2年ごとの更新になっており、更新月以外に解約及び転出(買い替え)を行うと解約違約金(10,000円前後)が発生します。

 

解約違約金がかからないのは更新月の1か月のみで、この更新月とは、スマホを契約した月の翌月です。

 

更新月に解約または乗り換えをしても必ずかかってくるのがAとBの費用です。

 

そして、新たな費用ではありませんが、スマホ機種代を分割にしていた場合、機種代の残については、その携帯会社を解約した後も当然、請求がきます。

 

Cについては、「実質ゼロ円」とうたっている場合が多いですが、これは機種代の分割料金(通常2年です)と同じ額を月々割引するというプランです。

 

以前は、解約違約金と機種代の残金を乗り換えをした携帯会社で負担する(キャッシュバック)というキャンペーンが行われていましたが、加熱し過ぎたため当局の指導が入り、現在では大幅なキャッシュバックは期待できません。

 

ただ、店舗によってキャンペーン内容に違いがありますので少しでも得な店舗で契約を行いましょう。